コラーゲンとは

コラーゲンについて。私たちにとって身近なコラーゲンについてご案内します。
コラーゲンは美容、健康、共に私たち人間にとってはなくてはならない存在なのです。

コラーゲンとは何か

そもそもコラーゲンとは、たんぱく質から出来ており、カラダのたんぱく質の約30%を占めている物質です。
人間のお肌はもちろん、髪、骨、内臓などあらゆる場所に存在し、最も多い部分は皮膚で、全コラーゲンのうち約40%、次いで骨や軟骨が約20%を占めている大変重要なものです。
コラーゲンは、皮膚の表面にあるいくつかの層の下、“真皮”という場所で網目状のネットワークを形成し、お肌の柔軟性・弾力性・保湿性を維持し、お肌のハリを保ったり、細胞を結びつけるための土台としての役目を果たしています。

ゼラチンとコラーゲンの違いは?

お料理で使うゼラチンですが、これはコラーゲンとは違うの?という疑問があります。
実はこのゼラチンはコラーゲンが変性したもの。
体内のコラーゲンは繊維として強く結びついています。 そのコラーゲンを主に加熱すると溶け出します。この溶け出したものがゼラチンです。
この溶け出すための温度を変性温度といいますが、動物の種類やコラーゲンの種類によって違います。 人間や牛や豚のコラーゲンの変性温度は約42℃前後です。 また魚の変性温度は人間の体温よりも低く、鮭などは約21℃です。
食事としてコラーゲンを摂取する場合は魚を摂取したほうが吸収率が良いですが、サプリメントとして摂取する際は、 魚類をベースにしているものなのか、そうじゃないのかは関係ないので、あまり気にしなくても良いでしょう。